お歳暮の時期はいつからいつまで?

地域ごとのお歳暮を贈る時期、そして時期を過ぎてしまった時の対処法は?

お歳暮は、お世話になった方へ1年間の感謝の気持ちを込めて贈ります。本来は相手の方のご自宅に直接持参するのが正式な方法です。しかし、それではかえって相手の方の負担にもなるため、最近では宅配便で送るのが一般的になっています。

 

お歳暮は本来、12月13日から12月20日までに贈ると良いとされていました。

 

これはお正月の準備を始めるのが「事始め」と言われる12月8日からであり、12月13日に「すす払い」をして、家がきれいになった状態でお歳暮を贈るのが良いとされていたからです。

 

そして年末はどこの家庭も忙しくなるため、20日までに届けるのが良いとされています。ただし最近では「すす払い」の習慣もなくなってきたため、全体的にお歳暮を贈る時期は早まっていて、11月末に発送する人も少なくありません。

 

お歳暮を贈る時期は地域によって異なるので、注意が必要です。また、贈る時期を逃してしまった場合の対処法も、きちんと確認しておく必要があります。

 

こちらのページでは、地域ごとのお歳暮を贈る時期、お歳暮を贈る時期を逃してしまった場合の対処法について解説していきます。相手の方に喜んで頂くためにも、お歳暮はきちんとマナーを守って贈りましょう。

 

 

お歳暮の時期って地域によって違うのですか?

お歳暮を贈る時は、相手の方に失礼のないように、マナーを守って贈りましょう。そこで気になるのが、お歳暮を贈るのに適した時期です。お歳暮を贈る時期は、地域によって異なります。

 

相手の方がお住まいの地域に適した時期に、贈るようにしましょう。師走に入ると、何かと忙しくなります。慌てることのないように、早めにお歳暮の手配をしておくと良いでしょう。

 

日本全国各地域の中元の時期について

お歳暮時期は、それぞれの地域によって異なります。時期が過ぎる前に贈るのは、基本的なマナーです。贈る相手の住む地域の時期をきちんと確認し、間に合うように贈りましょう。

 

北海道 12月13日頃から12月20日頃

 

東北  12月13日頃から12月20日頃

 

関東  12月1日頃から12月20日頃

 

東海  12月13日頃から12月20日頃

 

関西  12月13日頃から12月20日頃

 

九州  12月13日頃から12月20日頃

 

 

お歳暮を贈る時期の注意点

お歳暮を贈る時期は、

 

関東では12月1日頃から12月20日頃

 

それ以外の地域では12月13日頃から12月20日頃

 

に贈るのが一般的です。

 

ただし、お歳暮を贈る時は期間にこだわるだけでなく、相手の方の負担にならない時期に贈る気遣いも必要になります。

 

 

たとえば、お正月用の数の子や鮭、昆布巻きなどをお歳暮として贈る場合は、なるべくお正月に近い遅い時期に贈った方が良いでしょう。

 

また、お肉や魚介類などの生鮮食品は、相手の方が確実に受け取れる時期、そしてその後それらを消費できるタイミングに贈るという気配りも必要になります。

 

日頃から留守にしがちな方には、缶詰や海苔、コーヒー、洗剤など、日持ちのする品を贈ると良いでしょう。

 

年末は帰省したり、海外旅行をしたり、長期に渡って留守にする方もいます。本来お歳暮は12月31日までに贈れば良いとされていますが、やはり12月20日くらいまで、遅くとも12月25日までには贈った方が良いでしょう。

 

感謝の気持ちを込めて贈るお歳暮です。お歳暮を贈るのに適切な時期とされている期間にこだわるだけでなく、相手の方の負担にならないようにという気遣いが大切なのです。

 

お歳暮時期を過ぎてしまったら?

「お歳暮」の表書きは、12月31日まで使うことが出来ます。

 

何らかの理由でお歳暮を贈り逃してしまった場合は、どうしたら良いのでしょうか。

 

お歳暮の時期を過ぎてしまった場合は、関東ではのし紙の表書きを「御年賀」にして松の内の1月7日までに贈ります。

 

関東以外の地域は、1月15日までに同じく「御年賀」として贈ります。

 

「松の内」というには門松などのお正月飾りを飾っておく期間を言いますが、関東では1月7日、それ以外の地域では1月15日となっています。

 

関東で1月7日、それ以外の地域で1月15日までに間に合わなかった場合は、立春の2月4日までに「寒中御見舞」として贈ります。

 

「立春」とは暦の上で春が始まる日を指します。

 

 

お歳暮を贈り逃してしまった場合は相手の方に、遅れてしまうお詫びと、年が明けてから贈るということを、手紙か電話で伝えておくと失礼がないでしょう。

 

いずれにせよ、お歳暮はきちんと適切な時期に贈るに越したことはありません。12月に入ると何かと忙しくなりますから、余裕を持って早めに手配をしておきましょう。