成人式での振袖の思い出

私は成人式を迎えるにあたって、振袖を買いました。母が「レンタルを何回かするのなら、購入してしまったほうが安くつくだろう」と言ったためです。しかし、私が振袖を着たのは、今までで成人式と大学の卒業式の2回のみです。まったく元をとれていないとても高くついた買い物となりました。

しかし、私は買ってもらった振袖をとても気に入りました。たくさんの色、柄があってとても悩んだのですが、私は黒色の花をモチーフにした文様のものを選びました。成人式で初めて振袖を着た際には、とても照れくさかったのですが、自分で言うのも何ですが、普段の自分よりずっときれいでした。きれいな着物を着て、プロの方にヘアメイクを施してもらい、祝いの席へ行くというのはこんなにも心が躍るものなのかと思ったものです。私は身長が170センチあることがコンプレックスで、普段は下ばかり向いているのですが、なぜか振袖を着ている時には自然と背筋が伸びて、自分に少し自信が持てました。これは振袖の魔法なのではないかと思っています。

久しぶりに会った中学時代の友人に「誰か分からなかった」と言われてとても嬉しかったのを覚えています。また、成人式の会場で初めて会った男性に一緒に写真を撮ってくださいと言われて、恥ずかしながらも一緒に写真を撮ったのもいい思い出です。

確か、本で読んだことがあるのですが、着物はメリハリのない体、平たく言うと寸胴体型こそ綺麗に魅せてくれるそうです。いわゆる、典型的な日本人の体型です。まさに私はこれに当てはまるので、きっと普段の自分よりも自分のことをきれいだと思えたのだと思います。

私をきれいに見せてくれる着物ですが、難点として、値段が高い、着ていると苦しい、着付けが大変、保管が大変などといったものがあります。普段着ている洋服のようにもっと気軽に着物を楽しめることができたら、もっと幅広い世代が日本の文化である着物を深く味わうことができるのではないかと思います。

着物 売る 相場で、着物買取相場を調べてから、最後は処分した方がいいですよ。